loading...

第75回 あずまくんが答える『現在、賃貸に住んでいます。もう少し家賃が安い物件があれば引っ越ししたいと思っているのですが、良い方法はありますでしょうか。』

 今現在賃貸暮らしで、今よりも安い物件を求めているなら、地域の不動産会社に相談するのが1つの方法です。ネットは確かに賃貸物件探しに便利ですが、実は掘り出し物に出合えるチャンスは少なく、公開されていない物件もあります。その為、家賃の安さで物件を探そうとしても、公開されている情報がほぼ全てで、今より家賃の安い物件が見つからなければそれまでとなります。
 しかし、不動産会社の店舗であれば、非公開物件を含めた掘り出し物に出合える可能性があります。鮮度の高い最新情報が集まる場所でもあるので、まだ誰にも見つかっていないお得な賃貸物件を求めるなら、不動産会社に問い合わせたり足を運ぶのが有効です。勿論、必ず掘り出し物が見つかる保証はないですが、地元に根づく地域密着型の不動産会社であれば、期待に応えてくれる可能性は高いといえるでしょう。
 ただネットでも賃貸物件を探すことはできますし、安い家賃を重視して絞り込みを掛けることも可能です。家賃を左右するポイントは複数ありますが1つは需要の大小で、人気の物件ほど単純に高くなります。例えば通勤通学に便利な公共交通機関の充実するエリアは、需要が高いことから家賃も高めになる傾向です。実際のところは部屋の広さや間取り、築年数なども影響してくるので、一概に交通の便が優れる場所の賃貸物件が高いとも限らないです。とはいえ、部屋が小さく間取りの使い勝手がやや不便で、築年数がそれなりに経過しているとなれば需要は低下します。そういう物件こそ狙い目なので、妥協点を決めて多少気になるところがあっても欠点のある賃貸物件を探す、この方法が家賃の安い物件に出合える可能性に繋がります。
 安い物件があらわれるのを待つ方法もありますが、これだと可能性は下がってしまいますし、いつになるか分からないのがネックです。日当たりが微妙な物件や、公共交通機関の駅と少し離れた場所にある物件などは、人気が落ちる分だけ家賃の安さに期待できます。つまり、欠点に狙いを定めて物件探しをすると、家賃の安い物件が目の前にあらわれることになるわけです。