loading...

第28回 『漢方・薬膳…古代より愛される、身体に嬉しい和歌山産の○○とは!?』

今回紹介するのは暑い季節にも寒い季節にもピッタリでいて、意外と知られていない全国トップクラスの生産量を誇る生姜です。和歌山産の新生姜は繊維が細くやわらかいためお寿司のガリとしてたくさんの人に食されているそう。県民としては嬉しいものですね。

生の生姜を加熱することで身体を温める「ショウガオール」という成分が、身体を温める作用をもたらしてくれます。また、血液サラサラ効果や健胃整腸作用、筋肉の血行不良が原因で起こる肩こりなどの改善にも効果が期待できるとか。

そして県のお墨付き産品“プレミア和歌山”に認定された関連商品も多くあります。「生姜梅酒」や「しょうがちっぷす」、県産新生姜をふんだんに使用した「生姜丸しぼりWakayama Ginger Ale」はすっかり定番になりました。和歌山市内にある全国的にも珍しい生姜料理専門店にはオリジナルのジンジャーキャラクターもいるそうですよ。 

主役になることは少ないけれど、欠かすこともできない薬味。和歌山の食材を愛して健康になれるなんて最高ですね。もちろん刺激が強いので過剰摂取には気をつけて、生姜を愛でハツラツと生きたいものです!