より快適な住空間をご提供いたします。アズマハウス株式会社
HOME週刊あずまくん > 探検!?あずまくん

探検!?あずまくん

328492a90d1514d77cccfcb082994e95
住んでいるとなかなか気づかない「和歌山」の魅力。
そんな「和歌山」の名所やスポット、その土地の知る人ぞ知る情報を
あずまくんが紹介しちゃいます。
「和歌山」の魅力を歴史・自慢・食・街ネタなどなど・・・。和歌山の魅力を再発見できる地域密着型コンテンツです。きっと「和歌山」をもっと好きになるでしょう!?
11月1日(水)0時オープン!!毎週第一第三水曜日更新です。
(第5週目の水曜日は取材のためお休みです)

第12回 『世界遺産・高野山のディープな愉しみ方とは?』

okunoin
言わずと知れた一大聖地・高野山。金剛峯寺や壇上伽藍、奥之院・・・。
著名なスポットが多く点在しますが、それらを見て周って参拝するだけでなく、今、もっとディープな関わり方が話題を呼んでいます。




syakyo
それとはまさに、目で見て感じる「体験型」の観光!
写経や阿字観の他、文化財や歴史について僧侶から説明を受けながら散策できるものや、受戒(法話)、華道、御詠歌、宗教舞踊など、ここでしか体験できないものが幅広くあるんです。地元の人たちには意外と知られていないのですが、色濃い日本の宗教文化に触れられるとあって、海外の観光客などからも評判のようです。
これをまた、凛とした聖域で体感するからこそ深く心に刻まれるんですよね。
syozinryouri
高野山で味わいたい精進料理や和菓子などご当地ならではのグルメもゆっくり楽しみながら、自然と祈りの文化が薫るお大師様のお膝元で、新しいことに挑戦してみては? もっと高野山を深く知るきっかけになるはず!

第11回 『オリジナリティも楽しみたい!「わかやまポンチ」』

IMG_1936
フルーツ王国・和歌山のご当地スイーツ「わかやまポンチ」。名前は知ってるけど食べたことはない、そんな方もいらっしゃるのでは? 

わかやまポンチには、①県産の梅の甘露煮かシロップ漬けなどが使われている ②県産フルーツが1つ以上使われている ③使用しているフルーツについて説明がある という3つの定義があり、これらを満たしていれば「わかやまポンチ」と言えるので、あとは自由に各店のオリジナリティある多彩な味わいやアレンジが可能です。果物は季節のものを提供する店が多いため、時期によって違ったフレーバーも味わえ、フルーツの色合いを活かしたパフェのようなものや、ジェリーのようなものなど、見た目の爽やかさも大きな魅力ですよね。

お出かけ先で「ちょっとあっさり冷たいもので休憩したい!」そんな時にぴったりのご当地スイーツ。ぜひ、あちこちのお店の自慢の味を食べ比べてみて♪ わかやまポンチに関して、詳しくはホームページで検索してみてください!

第十回「紀南地方でサクラの新種を発見か!?」

d1e9b68d419b0f9818d19ea01c6ace81
2017年、紀南の他、奈良・三重の一部に自生する早咲き桜が、国内の野生種としては100年以上ぶりの発見となる新種の可能性が高いことがわかり、その桜が「クマノザクラ」と命名されたことが、メディアなどの報道で話題となりました。

※写真は県林業試験場提供
e69d86fc270b699b87aea84a97d7ba0b
これまでも地域住民の間で「ヤマザクラが2度咲く」と噂になることもあり、森林総合研究所多摩森林科学園の桜保全チーム長の勝木俊雄さんが当地を調査したのが発見のきっかけだそう。

調査の結果、紀伊半島に分布するヤマザクラやカスミザクラに似ているが、開花時期が早く、海岸近くでは3月上旬にも花が見られることや、葉身がひとまわり小さいなどの違いで区別できることがわかりました。

今回の調査結果から、1910年代以来の桜の野生新種ではないかという期待の他に、紀伊半島南部を包み込む大自然が、未知・未開の可能性をたっぷり抱えた素晴らしい地域なのではないかと、改めて全国的に見直され、注目されるきっかけを与えてくれたかもしれません。

※写真は県林業試験場提供

第九回「意外と知らない!? 紀州てまりの起こり」

537b1241ae442b8e1032343601eb9d96
♪てんてんてんまり♪ の童謡『鞠と殿様』でも馴染み深い和歌山の伝統工芸品・紀州てまり。

色とりどりの糸模様が華やかで、本当に美しいですよね。最近では手作り体験ができるスポットなども評判で、海外からの観光者にも人気のお土産となっているようです。

そんな日本の歴史薫る紀州てまりは、江戸時代、紀州五十五万五千石の殿中で、女官たちが姫君のために、はまぐりなどの貝殻に砂や小石を入れて真綿でくるんで絹糸でかがって転がしたりして遊び始めたのが起源だと言われています。

今のようにテレビもゲームもない世の中、子どもたちの貴重な遊び道具の一つだったことでしょう。

伝統を生かしつつ、当世風の感覚を取り入れた近年の紀州てまりも、今でも一つひとつ手かがりで仕上げられているのだとか。

「いつまでも丸く美しく納まるように」と嫁入り道具として使われたり、お祝い事でのプレゼントなど、縁起の良いものとして永く愛され続けている和歌山が誇る名品です。

第八回「三日に7度色が変わる!? 世界遺産登録の湯」

2111268eb1adbf154726e7be3c465a5d
和歌山には海の温泉もあれば、山間にも歴史深い浴場があります。 中でも特に古い温泉として有名なのが、熊野本宮温泉郷湯の峰温泉「つぼ湯」。約1800年前に発見され、体を清める「熊野詣の湯垢離場」として世界遺産にも登録されているんです。


そして何とも不思議なのが、日に7回湯の色が変化することがあるということ。気温や時間の経過など環境によるもののようですが、熊野の地に抱かれた温泉地とあって、より神秘性を感じますね。


浴場は、天然岩の風呂を板で囲っただけの情趣あふれる簡素なスタイルで、湯船は2~3人でいっぱいになるため、グループごとに30分交代制で入ることができます。湯は硫黄を含んだナトリウム・炭酸水素塩泉で、神経痛や皮膚炎などに効能があるとか。

24b78db175833068bea6dc6ec940bdd3
和歌山の一大観光名所・熊野本宮。周辺に飲食店や土産店も充実しているので、ぶらり歩きも楽しめそう。

熊野参詣の際に疲れを癒しに温泉を訪ねてみてはいかがでしょうか?