より快適な住空間をご提供いたします。アズマハウス株式会社
HOME週刊あずまくん > 探検!?あずまくん

探検!?あずまくん

328492a90d1514d77cccfcb082994e95
住んでいるとなかなか気づかない「和歌山」の魅力。
そんな「和歌山」の名所やスポット、その土地の知る人ぞ知る情報を
あずまくんが紹介しちゃいます。
「和歌山」の魅力を歴史・自慢・食・街ネタなどなど・・・。和歌山の魅力を再発見できる地域密着型コンテンツです。きっと「和歌山」をもっと好きになるでしょう!?
11月1日(水)0時オープン!!毎週第一第三水曜日更新です。
(第5週目の水曜日は取材のためお休みです)

第27回 『合気道で心・技・体に生きた和歌山の人々』

IMG_4148
今や世界の56ヵ国で150万人の弟子や愛好家を持つ「合気道」。合理的な動作により、体力体格に関わらず相手を制することができ、柔道や剣道と並びメジャーな武術ですが、この武道、実は和歌山県が発祥なのです。

合気道の創始者・植芝盛平翁の出身は田辺市。幼い頃から武道に励み、各流派の修行を通じ研究を重ねながら日本伝統武術の奥義を深め、さらに厳しい精神鍛錬を積み、辿り着いた独自の現代武道が合気道です。今では日本のみならず、世界の武道として愛され、発展を遂げ続けています。

そんな盛平を称え、現在、田辺市の扇ヶ浜公園内に盛平翁の銅像が見られる他、高山寺では植芝家先祖代々の墓、生家跡、頌徳碑なども残されています。心身の鍛錬や護身術として、また子どもから女性、お年寄りまで日々を健やかに過ごす体作りの一助として合気道を気軽に習う人が増えています。和歌山発祥の伝統武道を後世に残していくためにも、一度は体験してみたいですね。

第26回 『知れば一層おもしろい! 和歌山城のマメ知識』

IMG_0187_s
天守閣再建60周年を迎えた和歌山城は、日本の名城100選にも選ばれ、その白壁天守の美しさから「白亜城」とか、虎伏山から「虎伏城」と呼ばれ親しまれてきました。今回はそんな和歌山城が一層楽しくなるマメ知識を紹介します!

IMG_0019_s
紀州徳川家の居城であった同所には、江戸時代から残る岡口門や追廻門という2つの門が存在しますが、これ以外に数多くの門があり、門の礎石が残っているところもあります。
一方、散策の間目に入る立派な石垣をよく見ると積み方に違いがあるのがわかるでしょう。規則的でない積み方の「野面積み」、大きな石の間に小さな石を詰めた「打ち込みハギ」、きっちり美しく積まれた「切り込みハギ」と、時代で積み方に変化が見られます。さらに墓石などに「転用石」を使った石垣もあり、「刻印」がある石、テレビでも話題になった裏坂の登り口の石段を登る人のような「木の根っこ」などもあるので、注意深く探すと楽しいでしょう。お目当ての天守閣は、多門櫓で繋がった連立式天守という全国でも珍しい構造です。天守のぽっこり膨らんだ部分は「石落」と言い、敵が石垣を登って来た時に石を落としたり発砲で応戦したそうです。

この他、動物園や御橋廊下、お茶室やおもてなし忍者など、敷地内でもめいっぱい楽しめる和歌山城。マメ知識片手にウォーキングを満喫してみては?

第25回 『今すぐ浸かりたい! 街なかの高濃度温泉』

IMG_9375
自然豊かな和歌山にあっては、温泉と言えば海沿いや山間の名湯をイメージしがちですが、実は街中にも良質な温泉が湧いているってご存知でしたか? 「すぐ浸かりに行きたい!」方にオススメの温泉を紹介します。
IGP4439
全国屈指の高濃度温泉で、炭酸ガスの圧力のみで自噴する天然温泉「花山温泉 薬師の湯」。湧出時は無色透明の湯が、空気に触れると茶褐色に変化するのが特徴で、浴槽の縁に堆積する茶色の温泉成分からも源泉の濃さが確かなことがわかります。温泉は源泉かけ流しで、26℃の浴槽と加温した41℃の浴槽があり、これに交互に浸かる温冷入浴は、自己治癒力を高める効果が期待できるオススメの入浴法だそう。施設には宿泊や食事付きの日帰りのプランなどもあるので、ゆっくり浸かりたい人にもオススメですね。

肌寒い日は日頃の疲れをササッと流して温まりに行きたくなりますよね。これだけの高濃度炭酸泉に浸かれるのも和歌山ではここだけなので、仕事帰りにもふらっと立ち寄れる街中の温泉にたまには立ち寄ってみませんか?

第24回 『地元自慢の山の恵みを味わおう!』

57470a3643430e6b173ae8382d449b75
フレンチ、イタリアン、和洋食と、どんな料理にも合い、滋味深さを創出する高級食材・ジビエ。和歌山はそんなジビエのメッカでもあるんです!

59b03a681fff60939c668a80262581cb
ジビエは野生の猪やシカなどの肉を調理したもので、締まった肉質や栄養価の高さで注目を集める食材です。一方で自然豊かな和歌山は、年々深刻化する野生鳥獣の農作物被害などに悩まされてきました。そんな中、捕獲された野生鳥獣を貴重な食資源として活用、ブランド化しようと県主催の「わかやまジビエフェスタ」などのイベントも活発に行っています。ジビエ料理と言えば、独特の臭みや硬さを連想する人もいるでしょうが、鮮度の高い状態で提供できる「わかやまジビエ」は、臭みがなく、肉質もジューシーで柔らか。地元のレストランや宿泊施設などで12月から2月にかけて自慢の味が提供されます。

四季ごとの緑や清流など、豊かな自然に囲まれている和歌山県。この大自然が育んだ「わかやまジビエ」だからこそ、本当のおいしさに出会えるのでしょう。

第23回 『秋ならではの風習がSNS映えスポットに!?』

97e40393e36385913459f077c8711d6c
お正月飾りの1つとして知られる串柿。餅は鏡、橙は玉、串柿は剣に転じるとされ、三種の特別な縁起物として元旦に飾られるようになりました。この串柿の一大産地であるかつらぎ町では、今年も串柿の時季を迎えます!


231f389290cfd639827b70866f14f82a
約400年前から串柿の産地だった東谷・平・滝・広口という4つの郷を、総称して四郷と呼び、串柿の郷として知られています。風習は現在にも引き継がれ、10月末頃から農家の軒先などに柿の玉のれんが干し出されて11月中旬頃までその風景は見られます。
68307ca388e938796ea0640c98008c87
また、串に刺された柿には、数合わせで縁起を担ぐ意味もあり、10個刺しは、両端に2個、中は6個=“いつもニコニコ(2個2個)、仲睦まじく(中6つ)”、5個刺しは、両端に1個ずつ、中に3個=“1人1人(1個1個)がみんな(3個)幸せに”で綴られます。
592fb611e6d0f0e7ce18a6ffa885eea6
町中が橙に染まるその見事な風景は、晩秋の風物詩として全国に知れ渡り、SNS映えスポットとして、撮影に訪れる観光客もいるほど。のどかなふるさとの原風景が人々の心を惹き付けているのかもしれません。