より快適な住空間をご提供いたします。アズマハウス株式会社
HOME週刊あずまくん教えて!?あずまくん > 第12回 あずまくんが答える『敷金と礼金のこと』

第12回 あずまくんが答える『敷金と礼金のこと』

アパートやマンションのお部屋を借りる際には敷金と礼金がかかる場合が多く、初めて一人暮らしをするという方は疑問に思うという方もいるはずです。どちらも入居する際に掛かる費用ですので、引越しをする際には家賃だけでなく、こちらも計算に入れておかなければなりません。
まず敷金ですが、こちらは大家さんに預けておく保障金となります。お部屋を借りている方が病気や怪我で仕事ができなくなってしまい、家賃が払えなくなってしまった場合などに敷金から家賃が差し引かれることになるのです。また、その部屋を引っ越す場合に壁や床などの修繕費や清掃費が発生してしまう際にも差し引かれます。敷金の目安は家賃の約一ヶ月となり、二ヶ月分の場合や敷金が掛からずに部屋を借りられる賃貸もあります。敷金が差し引かれずにそのお部屋を引っ越す場合にはお金が返ってくるため、そちらは覚えておいたほうが良いでしょう。全て差し引かれてしまった場合にはお金が返ってくることはありません。
次に礼金ですが、名前の通りこちらは大家さんに向けてのお礼金となります。
費用の目安は家賃の一ヶ月分になり、最近では礼金を支払わなくても入居できる賃貸が増えてきています。
礼金は退去する際にお金が返ってくることはありません。
敷金と礼金が無料で入居できる賃貸が増えてきていますが、無料によって生じるデメリットもあるのでそちらは注意しなければなりません。
注意点の一つは何かあった時のための敷金を預けていないため、家賃を支払えなくなった時にはそちらから支払うことができないという点です。
家賃が滞納してしまうと、すぐに催促の電話や手紙が来ますし、中には厳しく取り立てに来ることもあるようです。
また、その部屋を引越す際には、部屋の修理費と清掃費を請求されるため、次に引越す出費が多くなってしまいます。
他にも初期費用が掛からずに入居できる分、家賃に上乗せしていることもあるので、引越し先を探す際にはしっかりと検討をされたほうが良いでしょう。
お問い合わせはこちら