より快適な住空間をご提供いたします。アズマハウス株式会社
HOME週刊あずまくん教えて!?あずまくん > 第3回 あずまくんが答える『恐いシロアリのお話』

第3回 あずまくんが答える『恐いシロアリのお話』

シロアリの被害は木造住宅に限りません。鉄筋コンクリート住宅でも被害を及ぼすといわれています。

シロアリは、ガラスと鉄以外は何でも食べるといわれており、木造住宅以外の鉄筋コンクリート住宅でも被害が出ることが少なくありません。

そのため、可能な限りシロアリ対策を十分に行うことが大切です。

対策を考える前に、どの条件の時にシロアリが発生するかを知っておくことが非常に重要です。

シロアリの発生には気温と湿度が大きく関係しています。まず気温では、およそ25度前後の時が発生しやすい条件になっています。

一方湿度は50パーセント以上で高ければ高いほど活発に活動するようになります。

これはちょうど日本の気候でいえば6月から7月にかけての梅雨の時期になってきます。

梅雨の時期であれば必ず発生するわけではありませんが、壁の内側や床の下が湿っている場合には特に発生しやすくなると考えて間違いないでしょう。

では、壁の内側や床の下で湿気が高くなるのはどのような条件でしょうか。

壁の内部に湿気が含まれている状態と考えられますが、場合によっては家屋が通常の状態ではなく外壁に穴が開いている場合が考えられます。

そこで対策として、外壁塗装をしっかり行うことと定期的なメンテナンスを行うことが必要になってきます。

外壁塗装は約15年に一度行う必要がありますが、それだけでなく可能ならば、年に一回業者に来てもらい劣化箇所はないかを確認してもらうとよいでしょう。

壁の内側や床の下で湿気が高くなるもう一つの原因は、天井からの雨漏りが考えられます。

これも外壁塗装の場合と同じく点検してもらう必要があります。

外壁塗装の定期メンテナンスと同時に天井の雨漏りも点検してもらうと2度手間になりません。

もちろん雨漏りが発生している場合には、すぐに業者に依頼して修理をしてもらうようにしましょう。

地道なやり方ですが、壁の内側や床の下の湿度を低くすること、これが効果的なシロアリ対策といえるでしょう。

これからは温度も湿度も低くなりシロアリが活発な時期ではありませんが、家屋のメンテナンスはこまめにやっておきましょう。

お問い合わせはこちら