より快適な住空間をご提供いたします。アズマハウス株式会社
HOME週刊あずまくん探検!?あずまくん > 第一回「和歌山城の追廻門はなぜ朱色?」

第一回「和歌山城の追廻門はなぜ朱色?」

5ac2c9df6b08d073caf5fea43ddd29ae
こんもりと緑茂る虎伏山にそびえる白亜の天守閣。そんな
和歌山市のシンボル和歌山城のトピックスをご紹介。
昭和60年に解体修理された『追廻(おいまわし)門』は、
朝夕の散歩や通勤などで
追廻門から城内各門への通り抜けに重宝される、
地元の人々にとって馴染みの門ですが、
実は結構珍しい門なのです。
それは門が朱色であること。
朱色の門というと、
東京大学の赤門を連想する人も多いと思いますが、
現在残っているお城の門で朱色に塗られているものは、
全国的にも数少ないそう。
では和歌山城の中でも
この追廻(おいまわし)門だけがなぜ朱色なのか? 
c5b3e554cc71e9751163a8e5c8824ed1
それは当時、二の丸にある御座の間
(殿様の部屋)から追廻門を見ると、
陰陽道でいう裏鬼門に当たり、
災いをもたらすと考えられていて、
魔除けのために朱色に塗ったと
伝えられているのです。
普段何気なく通り抜ける門も、
災いを払ってくれると思ってくぐると、
邪気が取り除かれるかも?! 
朱色と木々の緑が鮮やかに映えて
写真撮影のポイントとしてもオススメです!

お問い合わせはこちら